たよりのある暮らし

夫不在の2児ママによる、家事と育児とコーヒーと。

2人の子連れ、ワンオペ母の旅

昨年ですが

こども2人を連れて、旅に出ました。

と言っても、一泊二日の旅行ですが

札幌です。

 

早朝8時の飛行機に乗って、昼に札幌でラーメンランチ☆そのままそり&雪遊び、

翌日は雪の動物園へ行って、夕方には帰宅という

目まぐるしくも、冬の北海道:雪を満喫&グルメも楽しむプラン!

 

早朝5時に起き、子供を起こしてタクシーで空港へ…

 

【ワンオペ旅のすすめ①】

早朝のタクシーは、タクシーを予約できるタクシーアプリが超便利です。

予め予約しておき、マンションを出ると前にタクシーが止まっているという便利さ。

ちょっとお金はかかるけどタクシーにて空港へ。

旦那がいない間、少々の出費は、便利>出費と考えられるものであれば、OKとすることにしています

 

初フライトで緊張の子供たち。

下の子のおむつを替え、上の子をトイレに行かせていたら乗り遅れそうになる。。

 

【ワンオペ旅のすすめ②】

荷物は、両手のあく愛用の大型リュックで。

パジャマ&着替え、おむつはホテルへ事前に宅急便で送りました。

ちょっとのことですが、結構助かります。

今回、雪遊びが目的のひとつだったため、スキーウェアをもっていくことになり(二人分)、ものすごく荷物がかさばる!!!

ので、段ボール一つ分荷物をおくりましたがとっても助かりました。

(スノーブーツは行きから履いていきました。)

 

【ワンオペ旅のすすめ③】

現地には友達がいました。

友達を訪ねていったため、向こうについたら大人2人体制。

これ、とっても大事です!そもそも行先にそういうロケーションを選ぶこと。

途中ワンオペじゃない時間があるだけで、行き帰りがしんどくても、なんとかなる。と思います。

 

行きの飛行機で上の子が酔いまくり4回吐き、下の子を抱っこしながら吐しゃ物をキャッチ…なんてことをしながらの空の旅を終え、

新千歳‐札幌のスカイライナー中も、更に吐きそうになる子を励ましキャッチし

前には下の子(エルゴ)、後ろには大リュック、のなかへとへとになりながらもなんとか札幌に着くことができました。

 

【ワンオペ旅のすすめ④】

スケジュールは、無理しないこと。

子供を連れての移動はとっても大変です。

スキー場に連れて行って雪遊びしたい。冬の動物園をみせてあげたい。

そんな希望がありました。

 

札幌近郊のスキー場といえばニセコやルスツ

北海道の動物園と言えば旭山動物園

が有名どころですが、広い北海道、そもそも一泊二日の旅でそんな移動は無理。

では移動を考慮して2泊3日の旅程にするか?それもちょっと違う気がします。

 

今回は札幌から車で30分程度でいける藻岩山スキー場で雪あそび、翌日は市内の円山動物園へいくことに。

結果、こどもは大満足で、楽しい旅行になりました。

(乗り物には酔いましたが・・・)

 

有名どころの観光地を回ったわけではないけれど、とっても印象深い1泊2日の旅になったようです。

もちろん、現地友人の手厚いサポートのおかげが大ですが!

 

夫のいない中で、私たちだけの旅は良い思い出になり、なんだかよくわかりませんが自信となりました。

買い物は、メルカリがとてもとても便利!

 

買い物に行く暇がありません。

 

ちょっと行けば、西松屋があります。

会社の近くにも、UNIQLOがあります。

でも、

行く暇ありません。。。

 

子供のものなど、買い物は、もっぱらネット通販です。

(おむつは宅配です)

そのほか、メルカリにもお世話になっています。

自分も出品しますが、買うことも多く。

 

特に、季節外れの服も売られていること。自分のエリアで売られていないグッズも売られていること。が大変便利です。

 

季節外れの服。

うちの子の保育園は、薄着保育。冬でも半袖半ズボンが当たり前です。

でも、夏に買ってあった服がよれよれに・・・サイズアウト・・・

となったとき、秋冬には、長袖長ズボンor冬素材のものしかお店に並んでいません。

半袖Tシャツとか、冬に買いたければ、メルカリなら売っている人がいます。

実際に、たくさん買いました♪

 

エリアで売られていないもの。

北海道旅行に行くのにそろえたかった、スノー手袋、スノーブーツ、スノーウェア。

私の住む地域は温暖で、よっぽどスポーツ用品店にでも行かなければ売ってません。

行く暇もなく。

そしてきっと本格的なものは高いだろうし。

・・・ということで、メルカリで、雪の地域に住む方から、サイズアウトした中古品を、安く譲ってもらいました。

いろいろと質問もできて、サイズ感も確認できるし、ネットで買うよりも安心感あります。

 

メルカリ考えた人、ほんとうにありがたいなと思います!

 

働くワンオペ母の、たよりになるごはんメニューTOP4

働き始めてからというもの、本当にご飯を作る余裕がありません。

ごはんづくりで頼れるものは、コープさんの宅配!なのですが

上の子(5歳)が思ったより出来合いの冷凍食品を好まず、

例えばチンするだけのチキンカツとか、唐揚げとか、 …だめでした。

 

なので、冷凍も冷凍カット野菜や冷凍肉、冷凍うどんなどを活用し、ささっと一品作っています。

あとは、納豆、こんにゃくなどの常備品をぐるぐる回しています。

 

鉄板のメニュー

1位:豚汁 

野菜を煮込んだところに冷凍の豚ばら肉をポキポキ折って入れます。

一度作れば夜・朝・夜と3食はいけます。

タンパク質と野菜が一度に取れて安心。食が進まない息子(1歳半)も、豚汁の野菜はOKで手づかみで食べます。

週に1回は作っている。

 

2位:お好み焼き

あっごはんのストック無い。または、キャベツ余ってるな。 と思ったときに作ります。肉は、コープの冷凍ばら肉がここでも活躍します。

子ども二人とも大好きなので、食が進みます。

普段いやがるキャベツが大量に食べられ、小麦粉(炭水化物)、卵(たんぱく質

)もとれる。

夕飯はトマトとお好み焼き、という日がよくあります。

余ったら冷凍して土日の昼に回せるのも嬉しい。

 

3位:ひじき煮

これはうちの子だけかもしれませんが、

ひじき大好き人間なのです。

ひじきがあれば文句ない、と言っても過言ではないくらい(上の子)

なので大量に作って、3日くらいかけて食べきります。毎回お替りです。

ひじき乾物なのでストックしておいて思い立ったら作れるのがいい。

水でもどさずお湯で戻してます。

 

4位:おでん

子供はおでん大好き。わたしもおでん大好き。

大根とジャガイモをたくさんいれて、野菜もしっかり食べられます。

一回作ってしまえば、2-3日持つので、楽!

ごはん・おでん+葉物お浸しで晩御飯になります、

3日目は、残った汁にご飯を入れて卵とじおじやが定番です。

ワンオペ母、働く。

今年の5月から、ついに仕事復帰しました。

ワンオペも、仕事があるのとないのとで、ずいぶん回し方が違ってくるのです。

 

育休中は、平日は上の子が保育園に行ってくれていたので

割と余裕があったなぁと、今になって思います。

 

復帰後は、もうバタバタで、一日の終わってほっとしたのもつかの間、また朝がやってくるのです。

 

〈育休中のワンオペタイムスケジュール・平日〉

7:00起床。 ごはん、身支度、テレビを見せている間に家事(洗い物・ゴミ捨て等)

9:00登園。 買い出し、掃除機、洗濯。余裕があれば下の子と公園や児童館へ

12:00昼ご飯 テレビを見て一息つく

片付け、下の子と遊び、昼寝、

→昼寝した隙に夕食準備、離乳食ストック作り(ほぼ完了まで)

16:30保育園お迎え  帰りに1時間くらい公園で遊ばせる

17:30帰宅 下の子授乳、上の子はおやつ&テレビ

18:00夕食 1時間かけて食べさせる

19:00風呂 授乳

21:00寝かしつけ 授乳

22:00~食洗機セット、洗濯機回す、部屋片付け。

   とりだめた番組を見ながら翌日準備など。

24:00就寝

 

一方、

〈仕事復帰後のワンオペタイムスケジュール〉

5:30起床 自分の身支度、ごみ捨て

6:00子供を起こす 朝ごはん やっぱり1時間かかる

7:00身支度、着替え、歯磨き。保育園準備(水筒、プールバックなど)

8:00登園 二人分の準備をセットして、駅へ向かう

8:50出社

16:00退社

17:00いったん家に寄り、20分ほどで下ごしらえ(野菜を切る、みそ汁+あえ物などサブを作っておく)

17:30お迎え 電車を見れるスポットを通って帰宅

授乳、おやつ&テレビ 

18:45夕ご飯

20:00お風呂 授乳

21:00寝かしつけ 授乳

22:00 食洗機をセット、洗濯機を回す、前日の洗濯もの畳む、明日の準備

23:00就寝

 

時短で働いているので、16時には退社するのですが、そこからが分刻みのスケジュール。

日中に夕食の準備ができないので、いかに帰宅後の15~20分でどこまでやれるか!というところです。

もちろん、夕食メニューも簡略化。メインはコープさん宅配の冷凍食品にも助けられながらですが、みそ汁、小おかずなどをさささっと作ります。

23時に寝るまで、ほぼ自分のことをする暇がない。

だだだだーっと時間が流れて気づけば23時、これ以上起きてると翌日5:30起きがきつくなるので急いで寝ています。

 

子どものあせものケアなども、なんだか雑なので治りきらず、ああもう一つ人手があればと何度も思いました。

かと思えば、「お母さん、お肌ぶつぶつやで」という辛口コメントが飛んできます。

ひえーーー。お母さんだって自分のケアしたいのよ。泣

 

復帰した仕事も、思うようにならないことが多いのですが

なんともバタバタしているので、おかげで思い悩む時間もありません。

家事代行にたよる。シルバー人材センターを利用してみた②

さて、シルバー人材センター利用の続きです。

 

「土日での水回りと一般家事」の依頼を出してみた結果、

 

なかなか見つからず。

 

見つかったと思ったら別の仕事が入ってだめにになったとかで、本当に決まらず、、、

 

3週間ぐらいかかったでしょうか。

この方ならできそう、ということで、Nさんを紹介されました。

74歳、真面目な方…という紹介状をもらい、面談をさせていただきました。

 

面談は、自宅でお話をさせていただきました。

 

家事代行初めてなので、どの程度の掃除までお願いできるのか聞いてみましたが、

 

「年寄なので…まぁ年寄りが、できることですよね…」

「研修とか?あるんですけど、専門的過ぎて私どもにはちょっとね。普通の、普段の掃除ぐらい」 

「あんまり細かいこと言われてもねぇ…前のとこは、それはできませんって断ったことあります」

 

と、ちょっともごつく感じが気にはなりましたが

「あの~。うち、見ていただいたらわかる通りそんなに広くないので

水回りの掃除とか、窓掃除とか、掃除機、拭き掃除、そんな感じなんですけど。それはできるんでしょうか?」

「ええ、はい。まあ…やってみないと…」

 

土日できる方がなかなか見つからなさそうという不安もあり、下の子と同じくらいの年の孫がいる、ということで子供の扱いも大丈夫かな、とも思い

とりあえず一度やっていただくことにしました。

 

土曜日、2時間で

頼んだのは

・全部屋の掃除機掛け

・床の水拭き

・残った時間で窓掃除(網戸・窓)をお願いすることに。

ちなみに55㎡の我が家。

自分でやっても掃除機掛けは15分で終わるので、

掃除機・床拭きに1時間、残り1時間で窓掃除かなってざっくりと思っていました。

 

 

こちらで用意したもの

・掃除機

・ゴム手袋

・雑巾数枚

・ウエス

・水の入った霧吹き

・家じゅう使える液体クリーナー

基本的に、道具は自前で用意して、それを使ってもらうそうです。

 

さて当日。

Nさんの人柄か、子供二人は全く人見知りなくじゃれまわりました。

特に上の子は私もお手伝い!となって、結局私含めて2時間「みんなで掃除の時間」に。

自分たちだけだと、なかなかさー掃除するぞ!ってならないので、

集中して掃除ができてよかったです。

 

ただ。

思ったよりは、きれいにならなかった・・・・

 

人にものを頼むって、難しいなぁと感じた経験になりました。

もちろんお金は払っているのですが、

74歳の、自分の倍ぐらいの年齢の方にダメ出しをするのって、言い方とか難しくて

 

そのへん気にせずできる方ならいいのかも?

これは性格によるんだろうなぁ…

 

掃除機のかけ方とか。

Nさんはどうやら四角いところを丸く、のような方のようで

明らかにほこりがすみに残っている…

たたみのちゃぶ台の下に小さなごみくずも…

 

網戸はきれいになったけど、一か所全然きれいにならないところがあり

ここは水拭きしたほうがキレイになりますよね

と言ってみても

「はぁ。」という返答のみで、放置。

 

年齢のせいなのか、テキパキとは程遠く、ぼーっと佇まれていることが多く

こちらから「次は拭き掃除やりましょうか」とかうながさないと次の作業にかかっていただけないという。

 

思ったよりキレイにならず、気疲れしたも2時間でした。

 

結局、私には合わなかったので、次回の予約は見送りにさせていただきました。

 

もう少し高くても民業者のサービスを試してみようと思います!

 

家事代行にたよる。シルバー人材センターを利用してみた①

夫がいないふたこぶ生活。

子どもが寝ているすきに、ちょこちょこ掃除をしたり料理をしたりの合間家事。

たまにはぎゃん泣きの子供をおぶっての家事強行。

…などなどで、これまでなんとか?やってきましたが、

いよいよ、私の育休も終わり、夫がいない、「働く」ふたこぶ生活になります。

 

これまでももちろん、自分も子供も無理をしながらの生活だったけれど

いよいよ自分も働くとなると…

家は荒れほーだい、自分の余裕は無くなりっぱなし、になるのではないか??!

(ひゃーーー!想像しただけでも・・・・、しんどい!)

 

そこで、なにかたよれるものは。と思い立ち家事代行をお試してみることにしました。

 

最近はやりの家事代行サービス。

私がまず試してみたのは「シルバー人材センター」の家事代行サービスです。

 

シルバー人材センターって?

シルバー人材センターは各地域ごとにありますが、登録されているお年寄りの働き手と依頼したい家庭をつなぐサービスをされています。

そういうものがあると知っていましたが、利用の仕方がよくわからない・・・

ネットを調べても、電話番号はあるけど内容はなにも書いてない。。

どういうことを頼めるのか、料金はいくらなのか、その辺の情報すら全くない。

そもそもシルバー向けだからネットとかあんまり対応してないのかなぁ??

 

で、とりあえず、電話をしてみました。

 

「あのー、初めてなんですが。掃除などを、頼めるんでしょうか?一般家庭なんですが・・・」

「あ~はい、依頼のほうですね?家事サービス…は、担当のものが今不在でして。担当者が一人でやってまして。その者しか詳しくわからなくて。。折り返させましょうか?」

「ハイ、お願いします」

 

たどたどしい応対に若干不安を感じましたが、

後ほど担当の方からちゃんと電話をいただくことができました。

 

以下に、説明を受けた内容をまとめます。

私の地域のシルバー人材センターでは、年齢は65~75歳くらの登録会員(働き手の方です)が多く、家事代行の仕事は200ほど受けているとのこと。

掃除や料理など、依頼内容を聞いて、内容に応じてできる会員を紹介してくれるそうです。

注意点は、あくまで家庭の主婦レベルということ。たとえば風呂掃除なんかでいうと、一般的な家庭洗剤を使った日常的掃除レベル。いわゆるダスキンなんかの専門掃除業者レベルは求められません、と何度も何度も念を押されました。(これだけ念を押すということは、そういうトラブル、以前あったんでしょうか。)

あとは、お年寄なので体力的にあまり重いものを持ったり高所での危険な作業はできないそうです。たしかに、75歳とか…けっこうなお年寄りですもんね。

ダスキンの掃除は一度利用してそのすごさは知っているけれど、あそこまではもちろん求めないし。主婦レベルで全然オッケーだし、70代の主婦レベルにちょっと期待もありました。

 

利用の流れは、

①まず具体的な依頼を出します。

②できる会員を探し、見つかったら紹介状が送られてきます。

(この紹介状とは簡単な履歴書みたいなものです。)

③その方で!となれば、一度自宅に面談に来ていただきます。(料金の発生はありません)

④面談で、この方で、となれば具体的に日時を決めてお仕事の依頼開始となります。

 

利用料金は、時間当たり1200円。

2時間から利用可能になりますが、3時間以下は短時間料金がチャージされます。

また往復交通費が別途必要となるそうですが、できるだけ近い人を紹介するようにしていることのこと。

 

 

とりあえず、依頼してみることにしました。

 

「専門レベルは求めてないです。子どもがいて普段の掃除が行き届かないので…、月2くらいで水回り、部屋の掃除、窓掃除などをお願いしたいんですが。平日は仕事に出るので、土日できる方でお願いします。」

「わかりました。では探してみてご連絡します」

「ハイ、よろしくお願いします!」

 

こうして初めて「シルバー人材センター」を利用することになりました。

 

長くなりましたので、実際の利用については、また次回書きたいと思います。

なくてはならないもの③たよれる宅配!コープさん。

夫のいないふたこぶ生活。

特に小さい子がいて買い物がとっても大変・・・

 

私が住んでいるのは駅近マンションで、ちょっと歩けばスーパーもあり商店街もあります。

徒歩圏内で選り取り見取り買い物ができるというなんとも恵まれた環境なのですが

いかんせん、9キロ近い子供を抱っこしては牛乳と野菜とか買ったらもうしんどくて!(^^)

 

そして上の子、、、

買い物に連れてくとお菓子売り場でフリーズして帰れなくなったり。

そもそも休日は遊びに夢中で買い物に出られないという日さえあります。

夫がいてくれたら、私が遊ばせてる間にさっと買ってきてもらうということができるんですが、ふたこぶ生活だとどこに行くにも一緒についてきてもらわないといけないので、行きたくない!となるとほんとに困ります。

4歳児…もう抱っこして連れていける大きさでもなく、かといってまだ長時間のお留守番は難しく。

 

なので、絶対切らしたくない基本製品(常備野菜、パン、牛乳など)

玉ねぎ、ジャガイモ、人参などのの重たい野菜、

意外とかさばり両手がいっぱいになるおむつ、ティッシュ、トレペなど、

たまーに切れて焦る洗剤類、、、

これらをすべて宅配に頼ることにしました。

 

コープの宅配です。

 

コープの宅配は、毎週金曜の夕方に、担当の方が持ってきてくれ、次週の注文を回収するというごくシンプルなシステムです。

夫がいるうちは、都度買い物をしていたので、「1週間後のものを注文する」というスタイルに最初は戸惑いがありました。

正直そんな先まで献立考えられないし。計画的にできない性格やし。

急きょいるってなったらどーするん。

という。

 

ですが、

実際宅配やってみてわかったこと。

 

別に、計画的に献立は立てる必要ないです。

 

もちろん、計画的にできる人はやったほうがいいと思いますが、私のように、日々あるもので考えたほうが楽、というタイプでも、大丈夫です。

とりあえず、バランスよく食べておきたい肉・野菜・乳製品を1週間分注文しておきます。

で、冷蔵庫にパンパンに詰め込んでおいて、あとは都度、冷蔵庫のストックをみて作るものを考えていけばいい。

慣れていけば大体1週間の必要量がわかってくるし、基本注文をするものとペースが固定されてきます。

うちの場合は、毎週消費するのはトマト2パック、牛乳2本、青菜1束、かぼちゃ1個、納豆、食パンなどなど。

保存のきく玉ねぎ、イモ類、人参は2週間に1回一袋ずつ。

ひき肉、豚バラ、魚はなくならないよう多めに冷凍庫に常備しておく。といった具合です。

肉や魚はほとんど冷凍になってて使いたいだけ取り出せる形状なので、実際は都度買いするよりも楽でした。

 

急きょ、あれもいる!ってなったら・・・?

それは急きょ買ったらいいんです。

幸い近くにスーパーもあることだし、そっちも併用で、というつもりで気楽に考えることにしました。実際、卵は近くのスーパーのが気に入っているので毎回そっちで買ってます。

子どもがぐずってどうしても足りないものを急きょ買いに行けない場合は、その日は違うメニューに変えたらいい。あれもこれも全部足りない!ってなることはそうありません。

 

おむつやティッシュ、洗剤など日用品のストックは、注文時にあと1週間を乗り切れる分あるか?を考えるようになったので、以前より、お急に切れてて困る!ということがなくなりました。

 

宅配は高いのではないか?

という疑問ですが

 

うちのコープの場合、「年間最安値」「スーパープライス」「家計応援」とか価格表示マークが何種類かあります。確か、安い順です。

そして「年間最安値」となっている場合は宅配の最安値かつコープの店舗で売っているよりも安いとかが決まってます。

なので、激安売り出し日の他スーパーで買うより高いかもしれないけど、近くのコープで買うより安い。という絶妙な価格。

意外と、そんなに高くはありません。

 

10円単位で安さを求める方は惜しいと思うけど、買い物の行き帰りと選ぶ時間を短縮できるのでその分の「時間を買う」感覚であれば高くはないです。

 

しかも、おむつに至ってはドラッグストアで買うのと同じか安いくらいで、家まで持ってきてくれるので絶対お得です。

うちはメリーズ愛用してるんですが、以前はおむつ供給問題でサイズによっては近所のドラッグストアはしごしても在庫がなく、探し回ってと泣かされることありました。

 が、コープ宅配は安定の供給力で注文すれば翌週には必ず配達されます。さすがです。!(^^)!

おむつ注文だけでもコープ宅配やる価値ありだと思います。

 

半信半疑で始めた宅配ですが、

もうコープさんなしには生活できない

ぐらいたよりきっています。ありがとうコープさん。

コープ。ではなくコープさん。と呼ぶ、そういう気持ちです(どういう気持ちや)。

 

ちなみに、日用品類は、宅配でなくてアマゾンなどを利用したほうが安いとは思いますが、梱包段ボールがたまるのであえてコープで買ってます。

段ボールってたまるとかさばるし、縛って資源ごみに出しにいくのも、ふたこぶ生活にとっては結構一苦労なんですよね…

コープはおむつとかはそのまんま持ってきてくれたり、不在時に入れてくれてる箱もリユースでごみが出ないのでごみ処理の手間がないのもメリットですね◎

ゴミ出しの苦労についてはまた書きたいと思います。